元薬剤師、住み込みで牧場バイトするってよ~【2日目】初めての搾乳~

牧場生活

こんにちは☀
元薬剤師のしらたまと申します。

無職期間を利用して、
社会勉強ということで牧場での酪農家バイトに来ました。

そんなわたしの1ヶ月間の記録です。

バイト開始2日目。

早速初搾乳です。

ちゃんと出来るのか!?

ドキドキです・・・!


⛰⛰🐄🐄前回のお話はコチラ🐄🐄⛰⛰

スポンサーリンク

朝起きられるか不安すぎて中途覚醒

のび太よりも早く寝られると定評のある私。

とはいえさすがに緊張しているのか、
中途覚醒を繰り返す。

まぁでも
予定通り起床出来たのでオーケー!


おじいさんが起きてこない・・・

時間通り牛舎に行ってもおじいさんが来ない。

どうやら今日、おじいさんは本当はお休みの日だったらしい。

てなわけで
一旦おうちに戻った。



おじいさんを呼ぼうにも部屋がいっぱいありすぎて
どこの部屋にいるのかも分からない。


おうちのなかをウロチョロしてたらご家族が気付いて
おじいさんを起こしてくれた。

ホッとした~



仕事の流れを教えて貰う

起きたてホヤホヤのおじいさんに
仕事を習うのもうしわけね~
って思いながらも
元気に色々教えてくれた。

機械の操作の方法とか、
搾乳の流れをとか。

牛にマークがされてるんだけど、
その意味とかも教えて貰った。

人間で乳腺炎が起こったりするように、
牛でも乳房炎が起こったりするみたい。

ちなみに乳房炎のお乳は出荷不可。


牛って乳頭は4本あるんだけど、
それぞれの部屋は別れているらしく、
1つの乳頭が炎症を起こしていても
他の乳頭から出るお乳は出荷して良いと。

てなわけで、
搾乳効率向上するためと
間違ってお乳を出荷しないために
「ここのお乳は乳房炎だよ~」みたいなのを
身体にマークされてるんだって。

へぇ~~~~!!!!!



夜の部からは実際にやって貰うからねって。

うわ~~~~緊張~~~~~




朝の搾乳後。眠い。

なんてったって4時台に起きてるもん、
眠すぎて仕方ない。

一旦仮眠・・・って思ったらお昼前になってた。

朝の仕事を思い出して、
夜の部に備える。。。




初めて牛に触る。

大人しい牛を選んで貰って
初めての搾乳。

牛の足元に手を入れるって、
すごく怖い。

慣れない手つきでサワサワされて
不快だよな~~~
ごめんね~~~
って思いつつ搾乳。

あと、牛ってとても暖かいのね。

よく観光牧場で搾乳体験あるじゃない?
あれめちゃくちゃ大人しい牛が
選ばれてるんだろうな~


なんてこと思いながら作業。



簡単な機械操作だけなら出来そうだけど、
まだまだ覚えることは多そうです・・・

隙間という隙間から新参者の様子を見てくる牛たち

「牛は臆病で繊細」


そうネットに書いてあったのは本当のことのようで、
新参者のわたしをめちゃくちゃ観察してくる。


隙間という隙間からこっちみてる。


じと~~~~~って感じ。


顔は向こう向いてるのに、目だけはこっち向いてたりする。

もともと気にしいな性格なんで、「自分に視線が集まっている」という状況が結構しんどい。

牛からもこんな目つきで見られちゃうんだ・・・ってちょっと落ち込んだ。

そんなこんなで迷惑かけてばかりの1日目の夜が終了。



糞掃除で腰をやられる

搾乳が終われば、
搾乳場のお掃除。

なにをお掃除するかと言いますと・・・

そう、
う〇ち!!!!!

牛って約600kgもあるので、
う〇ちも超ド級なんですね~


そんなう〇ちちゃんたちを
スコップで綺麗に取り除いていきます。


慣れないスコップと一輪車の作業で
早速腰を痛めました。

正直、
これあと30日間も続けるのか~
身体保つかな~~~~

といった感じでした。

だけど、
やられるのは腰だけではない
ということに気がつくのはもう少し後のお話・・・



~3日目に続く~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました